お知らせ

ホーム > お知らせ《2019年》 > 【論文受理】リーディング大学院生 M2 荒井博貴君(Hiroki Arai)と笹部久宏准教授の高効率青色燐光有機ELを実現するスピロビアクリジンホスト材料に関する 論文が日本化学会の Chemistry Letters (IF: 1.550) に受理されました。

お知らせ《2019年》

【論文受理】リーディング大学院生 M2 荒井博貴君(Hiroki Arai)と笹部久宏准教授の高効率青色燐光有機ELを実現するスピロビアクリジンホスト材料に関する 論文が日本化学会の Chemistry Letters (IF: 1.550) に受理されました。

2019/12/26

リーディング大学院生 M2 荒井博貴君(Hiroki Arai)と笹部久宏准教授の高効率青色燐光有機ELを実現するスピロビアクリジンホスト材料に関する「Spirobiacridine-Based Host Material for Highly Efficient Blue Phosphorescent Organic Light-Emitting Devices」と題する論文が日本化学会の Chemistry Letters (IF: 1.550) に受理されました。

Title: Spirobiacridine-Based Host Material for Highly Efficient Blue Phosphorescent Organic Light-Emitting Devices
By Hiroki Arai, Hisahiro Sasabe*, Kohei Nakao, Yuki Masuda, Junji Kido*, Chem. Lett. 2019, accepted.

Abstract: Although spirobiacridine (SBA) derivatives show a promising potential not only for thermally activated delayed fluorescent (TADF) emitters but also as host material for blue phosphorescent emitters, only limited research has been reported in the literature. Here, we developed an SBA-based host material, mCN-SBA, which realized a blue phosphorescent OLED with an external quantum efficiency of 19.8%, and Commission Internationale de l'Éclairage (CIEx,y) of (0.16, 0.23).

  • シェア
  • 送る

お知らせ一覧へ