お知らせ

ホーム > お知らせ《2021年》 > 【新聞記事】時任・熊木・関根研究室と東京理科大との共同研究の成果が「汗で発電するウエアラブル電池アレイ 東京理大など研究グループが開発 基板材料に和紙採用」と題して3月15日付の電波新聞に掲載されました。

お知らせ《2021年》

【新聞記事】時任・熊木・関根研究室と東京理科大との共同研究の成果が「汗で発電するウエアラブル電池アレイ 東京理大など研究グループが開発 基板材料に和紙採用」と題して3月15日付の電波新聞に掲載されました。

2021/04/07

時任・熊木・関根研究室と東京理科大との共同研究の成果が「汗で発電するウエアラブル電池アレイ 東京理大など研究グループが開発 基板材料に和紙採用」と題して3月15日付の電波新聞に掲載されました。

電波新聞Web版: https://dempa-digital.com/article/179434

  • シェア
  • 送る

お知らせ一覧へ